二次会幹事の依頼

結婚式の二次会は、友人や知人に幹事を頼んで取り仕切ってもらうのが一般的です。
二次会の幹事は大切な役割なので、なんでも相談しやすい親しい人に依頼するのがおすすめです。
幹事の仕事はたくさんあり、いろいろなことをしなくてはいけません。
そのため、さまざまな仕事をうまくできる人に頼むと安心です。
幹事の具体的な仕事については、別ページでくわしく説明します。

ただし、どんなに頼りになる人でも会場から遠い場所に住んでいる人、準備期間中に忙しくて時間がとりにくいという人は依頼を控えたほうがいいでしょう。
買い出しにいけない、打ち合わせが思うように進まないといったことになると、準備が間に合わなくなってしまう可能性があります。
そういったことを頭に入れて、誰に幹事を頼むかを決めることが大切です。
幹事を依頼する際は新郎新婦のどちらかが直接お願いするようにしましょう。
相手にも予定があるので、できるだけ早めにお願いすることが大切です。

結婚式の二次会は基本的には会費制で、準備段階でもなにかとお金がかかるので、お金の出入りは頻繁にあります。
スムーズに会計を行うには、幹事とは別に会計係をほかの人に依頼するのがおすすめです。
はじめに新郎新婦から必要経費を渡して、こまかい収支をすべて記録してもらい、最後に精算すれば簡単です。
二次会当日の集金のやり方やお金の管理については、あらかじめこまかく決めておくと当日慌てることはありません。